ピンクに覆われた、平治岳

朝、長者ケ原を出発。駐車場はかなり混み合っているが、まだスペースはある。 湿原の木道を過ぎ、気持のよい森の中へ入って行く。 脇には、コガクウツギやバイケイソウが咲いている。 しばらく行くと、オオヤマレンゲが咲いている。お初にお目にかかります。 展望のない登りの連続に…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

大人の隠れ家、田ノ原温泉

先週、念願のミヤマキリシマで覆われた、久住連山を訪れた。 姫路から約600km、食事や休憩を入れて片道8時間ほどかけて、田ノ原温泉に到着する。 九州は至る所温泉があり、宿をとるには目移りするほどだ。 大観光地の別府温泉が、やがてさほど有名でなかった湯布院温泉に客を奪われたり、 離れの家族風呂などで売り出した黒川温…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年も、三嶽のクリンソウに会いに

5月の中旬に、多紀連山の三嶽に咲くクリンソウに、今年も会いに行った。 保存会の方だろうか、調査に入られている。発見が比較的新しく、関西では随一の自生地だ(多分)。感謝! 蝶も蜂も、喜んで吸蜜中。 遠くから見ても、上から見ても、近くで見ても、可愛い。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

4月の山(2)~山野草の宝庫、赤坂山-三国山

4月の下旬、どこの山も山野草の花々が咲く季節だが、一度にあちこちの山を登ることはできない。 今回は、琵琶湖の北西、マキノスキー場の駐車場から、赤坂山~三国山を目指す。 赤坂山といえば、地元中学生の団体登山で、遭難者が出た(翌日無事帰還)所だが、コースは明瞭、な筈だ。 広々としたゲレンデを登山口まで歩き、階段の急…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

4月の山(1)~日陰の女咲く、八ヶ尾山

5月ももう終わろうとしているけど、4月の山。 現在の丹波市、篠山市は、以前は多紀郡で、岩場のやせ尾根をもつ多紀アルプスの山々には、4月中旬以降 日陰の女、いやヒカゲツツジが登山道脇に咲き乱れ、ハイカーに人気がある。 多紀アルプスの東の端付近にある、筱見(ささみ)四十八滝キャンプ場から、滝めぐりコースを登る。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大坂城そぞろ歩き

久しぶりに太閤園で用事を済ませ、大阪城公園の西の丸庭園のバラが見頃とかTVでやっていたので行ってみる。 25日は日曜日ということもあって、大阪城公園駅はかなりの人出だ。 大阪城公園に向かう路上にも、人だかりや露店で賑わっている。ロックのライブのようだ。 公園入口の長い列は、トイレを待つ人のようだ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

播磨の官兵衛(3)~妻鹿編

前回の御着編と同じ日に訪ねた妻鹿だが、すっかり間延びしてしまった。けど、一応記事にしておく。 市川の河口に近く、山陽電車妻鹿駅から東岸の堤防を北上すると、ずんぐりした国府山(こうやま、甲山)が見える。 官兵衛の父、職隆が隠居後に国府山城に移り住んだと伝えられる所だ。麓には立派な石碑がある。 ライオンズク…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

播磨の官兵衛(2)~御着編

シリーズの(2)と言っても、第1編は紹介していないので、2月27日の「悲劇の花嫁・・・」室津偏を(1)とする。 今回は、黒田家が仕えた小寺家の居城であった御着城址などを紹介する。 まずは、JR御着駅南西の姫路市埋蔵文化財センターを訪ねる。 玄関前には、中白の旗(黒田家の旗幟)が立てられている。4月初旬に行ったが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2月の山

明日からは、もう4月。すっかり春だなあ。姫路城周辺の桜も、日ごとに咲き始めている。 この冬は、雪山を歩く機会が少なかった。出しそびれた2月の山でも、この際在庫処分でアップしておくか。 ☆ 初旬:峰山高原、暁晴山 峰山高原は、標高900mほどの高原で、「ノルウェーの森」 など、映画のロケ地としても有名である。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

春の妖精に会いに

今月初め、このところ恒例のようになっているセツブンソウを訪ねて、丹波の里へ出かけた。 ついでに、明智光秀の丹波攻略の拠点となった、金山に登る。追入神社の登山口から、1時間足らずだ。 すぐに、ちょっと危険な、真ん中で折れた石の鳥居が。気持だけ素早く、通り過ぎる。 しばらく進むと、寺の遺構ら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春の贈り物

先月の中旬、郷里から名産品のスイトピーが、多くの野菜と一緒に届いた。 “赤いスイトピー”はないけど、ほんわかと春の気配が漂う。 沢山の野菜は、このところ訳あって必要に迫られ料理をすることになり、いくつかのメニューに早速採用する。 八宝菜。 ジャガイモと白菜の煮物。 天ぷら。つ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

悲劇の花嫁、室津「八朔の雛祭り」

国宝姫路城が観光客の前に再び姿を現すまで、あと1年あまり。 それまでは、なんとか「軍師、官兵衛」人気にあやかって、姫路が元気であって欲しい。 大河ドラマ「軍師、官兵衛」は、関東地区では人気は伸び悩んでいるようだが、黒田官兵衛については多くの 書物でとりあげられており、その波乱万丈の生涯は実に面白く魅力的である。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

小さいおうち / 悲しい嘘

映画「小さいおうち」を観る。今年になって、「永遠のゼロ」、「利休にたずねよ」についで3作目だ。 いつも ウイークデーに行くのだが、「永遠のゼロ」は観客数では一人勝ちのようであった。                           (画像はHPより拝借) 「小さいおうち」は、これまで個人的にはあまり好きではなかっ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

京都トレイル 東山コース

5日の伏見稲荷参拝、稲荷山を周回して四ツ辻まで帰ってくると、そこから北へ向けて京都トレイル東山コースが 続いている。その一部を、このような標識を辿りながら歩く。    この日歩いた軌跡。 稲荷山から北へ下って行き、いったん住宅地に出て泉湧寺の脇を通って今熊野観音寺の手前を左折するのだが、 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

初詣(2) 伏見稲荷

青春18きっぷを利用して、5日に伏見稲荷に参拝する。 JRの駅名まで 「いなり」 って言うんだ。駅前にコンちゃん像と大鳥居。やはりまだ人は多そうだ。 JRいなり駅前から、いきなり表参道(赤兵衛が勝手に呼んでみた)がドーンと続く。 その少し北側にも旧参道か裏参道とおぼしき参道が、少しの距離だけど続いて表参…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

初詣

新年 あけまして おめでとうございます。 初詣は、お城近くの護国神社で。今年も、人出は多いようだ。 行列に並んで、少しずつ前進して、ようやく参拝が近づいてきた。 健康で遊びまわれることに感謝し、家庭円満、早期復興、世界平和を祈念する。 参拝客は引きも切らない。 初…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

天空の白鷺、あとわずか

天空の城、と言ったら、先日も紹介した竹田城が大人気の昨今だが、どっこい「天空の白鷺」は、3年前から 平成の大修理中の姫路城の見学施設として呼称されている。修理もほぼ終わり、1月15日で閉館となる。 いつでも行けると思っていてまだ行ってなかったので、今週あわてて見学させてもらった。 修理中は大天守内部は見学できなかったが…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

11月の山と紅葉(2)

≪11月16日 寒霞渓・星ヶ城山≫ 紅葉スポットとしても有名な寒霞渓から、小豆島最高峰の星ヶ城山を往復し、神懸(かんかけ)裏8景・表12景の ハイキングコースを歩く。ロープウエー紅雲駅に掲示されていたマップをご参照下さい。 日生港からフェリーで大部港に渡り、ジャンボタクシーで寒霞渓山頂駅まで行く。ウォーミングア…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

11月の山と紅葉

≪11/6 鬢櫛山~籾取山~苫編山≫ 姫新線播磨高岡駅から山陽線英賀保駅まで、これらの山の尾根を縦走して3時間足らずで歩くことができる。 赤兵衛のトレーニングコースだ。 山道に入ると間もなく尾根に出る。そこまでにも、コウヤボウキの群生やモチツツジの狂い咲き、リュウノウギクに リンドウも咲いてる。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more