豪渓の紅葉

先週前半に、吉備高原でゴルフコンペがあったので、帰りにすぐ南の紅葉の名所、豪渓に寄ってみた。 道路を覆う紅葉のトンネル。 渓流を覆うモミジの紅葉。 カメラを忘れたので、ボケボケの写真で美しさが伝わらないのが残念。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

文化の香り

11月3日の文化の日くらいは、文化の香りに触れてもいいかも。 ということで、姫路文化の象徴、姫路城へ。 平成の大修理で綺麗に白塗りされた姫路城を、まずは裏から紅葉とともに。 東側の美術館の裏付近から。修理はほぼ完了しているが、巨大クレーンはまだ残っている。 動物園の東側の広場では、何やら「…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

サクラタデ

我が家の脇の造成地に、一昨年からサクラタデが咲くようになった。 今年も、セイタカアワダチソウやフウセンカズラやアップルミントが蔓延る一角で、清楚な花を咲かせてくれた。 一昨年から取り上げるのは3回目だが、今年は何故か白花が全く見られなくなったのが残念。 造成地に住宅が建って、サク…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋の花咲く比婆山

宿の山荘から、2日目の比婆山登山口がある、広島県民の森公園センターに移動する。 多くのコースがあるが、センターから出雲峠~烏帽子山~御陵~池ノ段~立烏帽子山を経てセンターに下山 する周回コースを行く。 よく整備されたなだらかな歩き易い道の脇には、ツリフネソウ、ツルボ、ツルリンドウ などが咲いている。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋の花咲く三瓶山

御嶽山噴火で亡くなられた方のご冥福をお祈りいたしますとともに、被災された方やご家族の皆様に心より お見舞い申し上げます。 昨年9月に登った御嶽山が、まさかこのようになるとは!大変ショックだった。 今年も残り3ヵ月。歳をとるのは早いなあ。 昨年は雨で遊歩道しか歩かなかった三瓶山に、9月中旬の好天日に再挑…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

何くわぬ 顔して 今日も ・・・ / 池上彰氏コラム

朝日の毎月1回連載されていたコラム、「池上彰の新聞ななめ読み」の8月分が掲載を拒否されたことを池上氏 が発表。以来、他のメディアやSNS上でそのことへの批判の声が高まり、朝日新聞の記者からも事実なら 恥ずかしく悲しいとツイッターで批判されるなどして、結局今日(9月4日)の朝刊に掲載された。 そのコラムは、8月5…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

室津 八朔のひな祭り

今年2月27日の記事で、「悲劇の花嫁、室津『八朔の雛祭り』」を紹介した。(その記事は、こちら。) 赤兵衛も、まだ見たことがなかったので、一度は見学しておこうと室津を再訪した。 室津民俗館や室津海駅館を中心にお雛様が展示され、一部民家でもお雛様を見せて頂くことができる。 まずは、賀茂神社に向かう。 起源の様子は定かで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

朝日川柳

18日朝刊の、「朝日川柳」 に掲載された五句を読んだ。 読者投稿欄なので、全国の読者の投稿作品から選者によって選ばれた句である。 一句 : 丁寧な説明をして理解を得ながら進めていくと言っていたが、それがブイを設置することか 二句 : (集団的自衛権行使容認で戦争をできる国にした一国のトップが)何食わぬ顔…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

北アルプス入門(3)

燕山荘でご来光を見た後、表銀座ルートを常念小屋まで縦走する。6時発なら12時頃には着けるだろう。 青空は出ていないが、今のところ槍ヶ岳~穂高連峰も見えている。 しばらく行くと、蛙岩。 どう見たら蛙なのか不明だが、巨岩の間をすり抜けて歩く。 多くはないが、登山道脇のところどころに、これまで出会った花々が咲…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

北アルプス入門(2)

燕山荘から燕岳は、1時間ほどで往復できるとある。一帯は、様々な形をした花崗岩の岩塊が点在し、 白い砂礫と緑のハイマツ、可憐な高山植物がとてもいい感じだ。 眼鏡岩に、岩ひばり(?)。 チシマギキョウ、タカネツメクサ、コオニユリクルマユリかも。 次第にガスが出て…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

北アルプス入門(1)

台風11号の影響で被災された地域の方々には、心よりお見舞い申し上げます 台風襲来の前の8月初旬、週間予報では「晴時々曇り」が続くことを確認して、北アルプス入門コースとして人気 の燕岳~常念岳に挑戦する。 安曇野から中房温泉に向かう途中、正面に富士山に似た姿の有明山(2268m)が目に入る。その山容から、 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

東北旅行(5)~遠野物語を訪ねて~

すっかり間延びしてしまったが、先月の22日、早池峰山から下山しての帰り、せっかくここまで来たのだから、 時間の許す限り遠野の郷を訪ねる。 まずは、住居と馬屋をL字型につないだ 「南部曲り家」 の代表格、「千葉家住宅」。見るからに大きな家だ。 1982年に封切られた映画 「遠野物語」 の主なロケ地としても…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

東北旅行(4)~早池峰山の花②~

小田越コースの花々を愛でながら、ゆっくりと登る。2段の梯子を過ぎれば、ひと頑張りで稜線の分岐に出る。 山頂までのなだらかな道にも、まだ沢山の花が咲いていた。 ヨツバシオガマ、ハクサンチドリ、イワカガミ、チングルマ。 木道と、お花畑。白花は、ボウフウの仲間か。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

東北旅行(3)~早池峰山の花①~

シーズンの土日祝日は、車の乗り入れは禁止で、岳の駐車場から登山口までシャトルバスで送迎してもらうので、 早池峰山登山の日程はウイークデーにする。 日本100名山のひとつだが、2000m足らずだし、小田越から往復なら4時間余りと比較的手頃な山と言える。 早朝、霧が立ち込める中、小田越登山口を出発する。 雰囲…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東北旅行(2)~内陸地震から復活した栗駒山~

本当は、須川温泉に泊まりたかったのだが、直前に計画したので満室だった。 しかたなく、一関に泊まり、早朝須川温泉に向かう。 国道342号線の途中、「須川岳秘水 ぶなの恵み」公園があった。 その隣に、復興の碑とその解説板も。 栗駒山は、はるか昔の就職した年の秋に登りたくて須川温泉に泊ま…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

東北旅行(1)~世界遺産 平泉~

早池峰山に登りたくて、東北に出かける。 まずは、世界遺産 平泉の毛越寺と中尊寺。 毛越寺は、就職したての頃の旅行で訪れたことが多分あったと思うが、ほとんど記憶にない。 門についてた、オッパイ。 寺伝によると、嘉祥三年(850年)慈覚大師が東北巡遊のおり、この地にさしかかると、一面霧に覆われ、一歩も…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

トンボソウ

台風8号が来る前に、トンボソウに会えるかもしれない、小野アルプス紅山(182.8m)に行ってみた。 登山口までの車道も、きょろきょろしながら歩く。 山道に入っても、標高200mに満たない低山なので、蒸し暑いがそれほどきつくはない。 やがて、期待通りに、トンボソウ発見!結局、下山路まで含め…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

我が家の住人達

台風8号に被災された方にお見舞い申し上げます。 一本の小さなキンカンの木から、毎年多くのアゲハが巣立っていく。 入口のブロック塀や外壁、植木の枝のあちこちにサナギの姿が見られる。 たまに、羽化したての成虫を見かける。 ある日、洗濯物を干していて、…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

八幡様の総本宮、宇佐神宮

別府鉄輪温泉の地獄めぐりを終えて、全国に4万社以上ある八幡神社の総本宮、宇佐神宮を訪ねる。 創建は725年とされている。 昼食に入った参道の食堂に掲示されていた、国東半島と宇佐神宮を世界遺産にする会のポスター。 仏教伝来以来、互いの異文化を認め合い、『和』を尊しとして共存するという思想・理念は世界に誇るべきもの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地獄めぐり

久住連山、ミヤマキリシマで覆われた平治岳からの帰路、別府温泉で1泊。 何回か訪れたことはあるが、国東半島や湯布院に行くなどして、別府観光はしたことがなかった。 せっかくなので、鉄輪温泉の地獄めぐりでもして帰るか。 全部で8地獄があり、共通観覧券だと2100円/人で全て入場することができる。 <かまど地獄> …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more