葉桜慕情

アクセスカウンタ

zoom RSS 初めての尾瀬

<<   作成日時 : 2015/06/11 21:25   >>

ナイス ブログ気持玉 79 / トラックバック 0 / コメント 0

山好き、花好きなら、誰もが一度は行ってみたい、尾瀬。

♪ 夏がく〜れば思い出す〜 と言われても、行ったことないし思い出せないっ。

というわけで、手軽に尾瀬内の小屋に1泊して、半日ずつ2日間歩くツアーに参加する。

1日目は移動日で、湯沢温泉泊。2日目に、奥只見湖を船で縦断し、バスで御池口経由沼山峠まで行く。

遊覧船から、荒々しい山容の荒沢岳、見る角度によって容姿が異なる燧ヶ岳を望む。

画像


画像


御池口からはシャトルバスで向かうが、途中道路に亀裂があり、車道を20分ほど歩かされる。

画像


ムラサキヤシオや、ミヤマカタバミのピンク、イワナシなどが咲いて迎えてくれている。

画像


画像


画像


沼山峠からは、いよいよ山道歩きとなる。 一部雪が残っている。

画像


大江湿原の木道を尾瀬沼に向かう。 一瞬、はるかに至仏山が見えてきた。

画像


木道脇に並ぶ、ミズバショウ。 桜も咲いている。

画像


画像


画像


ようやく尾瀬沼が見えてきた。 シンボルの3本の樹も絵になる。

画像


リュウキンカに、ヒメイチゲ。

画像


画像


ビジターセンターで、燧ヶ岳を見ながら遅い昼食弁当を頂く。

画像


沼尻へ向けて出発。 コヨウラクツツジ、エンレイソウに、ミヤマエンレイソウ。

画像


画像


画像


ニリンソウに、モウセンゴケ。 尾瀬固有のナガバモウセンゴケではなく、これはマルバ。

画像


画像


ミズバショウと燧ヶ岳。

画像


画像


沼尻で休憩後、雪の坂道を超え、気持ちの良い樹林帯を歩いて

画像


画像


ようやく見晴の山小屋に到着。 途中、担架に横たわる負傷者と遭遇。 救急ヘリが近くの低空を旋回する。

尾瀬の小屋は、シーズンと言えども一人1畳は当たるし、風呂もついて、山小屋としては天国だ。

夜中目が覚めたら、土砂降りの雨。 明日は小雨か曇りになる予定だが・・・・






月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 79
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
驚いた 驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
初めての尾瀬 葉桜慕情/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる